サラリーマンで頑張る日々の記録


by dw1lxmnv3f
 神奈川県の不正経理問題で、県は20日、2007年度までの5年間の不正経理が5073件、総額約14億5157万円に上ったとする調査結果を発表した。

 発表によると、内訳は、物品を架空発注して業者に現金をプールする「預け金」が約1億2739万円(120件)、翌年度に納入されたのに現年度に会計処理する「翌年度納入」が約12億8569万円(4694件)、請求の名目以外の物品を納入させる「差し替え」が約3201万円(134件)など。

 「預け金」は、職員による私的流用があったとして公表されていた税務課の約1億2704万円のほか、新たに3部局(厚木土木事務所、水道局厚木営業所、緑県税事務所)で計約248万円(16件)が判明した。この3部局については、いずれも事務用品などの購入費に充てられ、私的流用は見つかっていないという。

<死体遺棄>競馬練習場に幼い男児の遺体…多摩川河川敷(毎日新聞)
普天間移設現行案「完璧な理解ない」 国民新党(産経新聞)
子ども手当負担「事前に話ない」知事会長が批判(読売新聞)
橋下知事「大阪市長とはかみ合わない」(産経新聞)
自民党がどう変わろうと国民には関係ない(産経新聞)
[PR]
# by dw1lxmnv3f | 2010-01-20 18:15
 黒田さんと水上社長、竹中功取締役(広報担当)らは終始、立ったまま記者会見に臨んだ。黒田さんらの一問一答は次のとおり

 −−処分は無期限なのか

 水上社長「当分の間となります」

 −−なぜ暴力を振るってしまったのか

 黒田さん「カッとなり、自分を制御することができなくなり、(被害者の)髪をつかんでしまった」

 −−どれくらいの量の酒を飲んだのか

 黒田さん「ビール1杯とハイボール7杯です」

 竹中取締役「当初、黒田がシャンパンを空けたと報じられたが、被害者もその情報を訂正しています」

 −−拘留中に一番考えたことは

 黒田さん「17日間の拘留で、なんてことをしてしまったのかと反省の日々でした。スタッフや共演者、ファンの皆様に申し訳ないことをしたと思っていました」

 −−復帰については

 黒田さん「多大な迷惑をかけたので、(復帰のタイミングなどは)すべて会社に任せたい」

 −−めどはあるのか

 黒田さん「世間のみなさまに理解していただくしかないと思っています」

 −−拘留中に年末年始を迎えた気持ちは

 黒田「年末年始に出演する番組が決まっていたので、スタッフらに多大な迷惑をかけたことが一番気になりました」

 −−自身の酒癖については

 黒田さん「仲間同士の飲み会で、悪乗りすることが多々ありました。そのことが今回の事件につながったのかもしれません」

 −−今後も酒を飲むのか

 黒田さん「当分の間はしません。今は飲む気になりません」

 −−謹慎中の過ごし方は

 黒田さん「仕事が好きなので…。復帰は自分のめどで立てるものではないと思います。迷惑かけた人に恩返ししたいです」

 −−復帰を待つファンに一言

 黒田さん「僕はテレビなどで他人を攻撃するタイプですが、それは自分を制御できたうえですること。僕の芸風を楽しんでくれたファンの皆様に申し訳ないことをしました。自分自身をコントロールできるようになって、またみなさんの前に立ちたいです」

 −−相方とは話をしたか

 黒田さん「拘留中に一度面会しました。15分ほどの短い時間でした。すべてが終わってから、今後のことについて話をしたいです。拘留中に来てくれただけで励みになりました」

 −−今後のことは

 黒田さん「何せ短い時間だったので、深いことまでは話ができませんでした」

 −−今後も「笑い」をとれると思うか

 黒田さん「頑張るしかないと思っています」

 −−ネタを変える気はあるのか

 黒田さん「相方もいるので、僕一人で決められるものではないと思います」

【関連記事】
「笑い取る仕事してるのに…」 メッセンジャー黒田さんが会見 
ガールズバーで傷害容疑のメッセンジャー黒田さんを釈放 大阪府警
メッセンジャー黒田容疑者、店長側と示談成立 午後にも釈放 
メッセ黒田、殴った店長は2週間の軽傷
ガールズバー店長骨折は過去のけが メッセ・黒田容疑者とは無関係

炭素分子2個の融合を観察=新薬開発などに貢献−産総研と東大(時事通信)
<官房副長官補>福田氏後任に佐々木豊成氏 内政担当(毎日新聞)
「君もヒルズ族に」学生コロリ…契約内容理解せず(読売新聞)
「パン、パン」と5、6発=周辺血まみれ、倒れる男−「助けて」と悲鳴・大阪(時事通信)
小沢氏の影響強化?政府・党首脳会議、週1回に(読売新聞)
[PR]
# by dw1lxmnv3f | 2010-01-19 00:22
 【ホノルル=加納宏幸】岡田克也外相とクリントン米国務長官は12日午前(日本時間13日未明)、ハワイ・ホノルルのホテルで1時間20分にわたり会談した。懸案の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、岡田氏は5月まで移設問題を先送りする政府方針を説明し、理解を求めたが、クリントン氏は名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画の早期履行を重ねて要求、議論は平行線をたどった。

 会談後の共同記者会見で、岡田氏は「5月までにきちんと結論を出し、日米同盟への影響が最小限で済むようにしたい」と表明。クリントン氏は「普天間移設を含む約束を守ってくれるよう期待する。現行の米軍再編ロードマップが最善の道だ」と述べた。

 また、岡田氏は単独会見で「(現行計画は)案として依然残っている」と説明。「鳩山由紀夫首相や外相が言ったことができないとなれば、人間社会で信用されなくなる」と述べた。

 会談では、普天間問題を受け、棚上げされてきた同盟深化に向けた協議を開始することで合意。今月19日の日米安全保障条約改定50周年に、両国の外務・防衛担当閣僚が日米同盟深化を目指す共同声明を出し、今年前半に日米安全保障協議委員会(2プラス2)を開くことも一致した。

 一方、岡田氏は会談で、北朝鮮が朝鮮戦争休戦協定を平和協定に転換するため米側に会談を提案していることを受け、「平和協定の交渉を6カ国協議と違う場でするならば、遅延工作の口実にされかねない。気をつけなければいけない」と述べ、慎重な対応を要請。クリントン氏も同じ認識を示した上で、北朝鮮による日本人拉致問題に触れ、「昨年2月の訪日の際、被害者家族と会ったが、非常に心を痛めている。許しがたいことだ」と述べた。

【関連記事】
現行計画履行の重要性強調 普天間移設で米上院議員
「日米同盟深化が肝要」 首相が自衛隊幹部会同で訓示
米国務長官、「負担の分担」に言及 ホノルルでアジア政策演説 
日米外相会談 同盟の亀裂を回避 依然残る米側の不信感
日米外相会談 米側は重ねて普天間問題で日米合意の履行を要求 日米同盟深化協議で合意

福岡市で民家全焼、男性の焼死体(読売新聞)
メッセンジャー黒田さん起訴猶予=店長暴行、示談成立し釈放−大阪地検(時事通信)
老人福祉事業の倒産件数、3年で4.6倍(医療介護CBニュース)
首相動静(1月9日)(時事通信)
<男性不明>古井戸の底から遺体 栃木の小学校跡地(毎日新聞)
[PR]
# by dw1lxmnv3f | 2010-01-16 17:49
 太平洋戦争前夜に日本の情報をソ連に流して逮捕、死刑となったスパイ、リヒャルト・ゾルゲの事件で、連座して逮捕された画家、宮城与徳(沖縄県名護市出身、1943年に獄中死)にソ連が出した勲章が、モスクワのロシア大統領府保管庫で見つかった。宮城のめい、徳山敏子さん(80)=米ロサンゼルス在住=が13日、東京都内のロシア大使館を訪れ、ベールイ駐日大使から勲章を手渡された。

 ゾルゲ事件後、「国賊」扱いを受け、58年に米国に移った徳山さんは、授与式の後、「一度はないといわれた勲章だったので、両手に取るまで半信半疑だった。(宮城や親類の)名誉回復につながったと思います」と感慨深げに話した。

 65年にソ連が授与を決定した「祖国戦争2等勲章」。赤星に「鎌(かま)と鋤(すき)」があしらってある。ベールイ大使は「世界をファシズムと軍国主義から解放するため貢献した人物に敬意を表したい。その一人があなたのおじだった」と、徳山さんに話した。ベールイ大使によると、近衛文麿内閣のブレーンで、ゾルゲと共に44年に死刑になった尾崎秀実(ほつみ)の勲章もモスクワに保存されているといい、大使は「遺族が望めば渡したい」と話した。【杉尾直哉】

 ◇ことば・ゾルゲ事件

 ドイツ紙の特派員として1933年に来日したリヒャルト・ゾルゲと尾崎秀実を中心としたスパイ事件。41〜42年に計35人が逮捕された。太平洋戦争開戦などに関する日本の情報を入手し、ソ連の対独戦を有利にした。

【関連ニュース】
太平洋戦争:旧海軍大将らの証言記録、刊行準備進む
南の島は戦場だった/4止 サイパンやグアムも
南の島は戦場だった/3 激戦地の島 いま観光に生きる
南の島は戦場だった/1 沖縄では約20万人の命が奪われた
まちのおすすめスポット:水戸「木村屋パン店」 /茨城

とんかつ定食
y14qlkbrのブログ
j59qzeipのブログ
私の親、保育士です。
w0otxwuzのブログ
[PR]
# by dw1lxmnv3f | 2010-01-15 10:47
 長妻昭厚生労働相は1月12日の閣議後の記者会見で、2012年度の診療報酬と介護報酬の同時改定に向けて、「医療の話と介護の話を合わせて一つの会議でできないかを、長浜博行副大臣、足立信也政務官、そして担当部局と共に議論している」と述べ、今春までに合同で検討する場を設置したいとの考えを示した。

 また、同日に開かれた高齢者医療制度改革会議で、夏までに一定の中間取りまとめを行うスケジュールに対して一部の委員から、議論を十分に深めるためには、もう少し時間が必要ではないかとの指摘があったことについて、長妻厚労相は「逆算をすると、そうゆっくりとはできない」と述べたものの、過去の後期高齢者医療制度をめぐる議論については、「聞くべき人の意見を、聞いていなかったのではないのかという反省もある」として、「その期間に生煮えでも決めなければならないというものではない」と指摘。その上で、「国民皆さんの意見や専門家の意見を聞くような体制を取っていくことが優先課題」と述べ、世論調査やアンケート調査を行いたいとの考えを示した。


【関連記事】
ここまで進んだ 10年度診療報酬改定めぐる審議
【中医協】回復期リハ病棟の「質の評価」、次期改定で継続へ
高齢者医療制度改革会議が初会合−厚労省
新政権は介護療養型医療施設の「存続」を
医法協が賀詞交歓会、政権交代の影響色濃く

金持ち母さん
もうすぐ1年漁師奮闘記
カードでお金
即日現金化
競馬サイト
[PR]
# by dw1lxmnv3f | 2010-01-14 00:42