サラリーマンで頑張る日々の記録


by dw1lxmnv3f

<   2010年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 老齢加算廃止が生活保護法に違反するとの初判断を下した14日の福岡高裁判決は、各地で係争中の同種訴訟にも影響を及ぼす可能性が出てきた。

 老齢加算は、高齢になると消化吸収のよい食品のための食費や暖房費、孤独を防ぐための交際費、墓参り代など支出が膨らむとの特別な配慮から、70歳以上の生活保護受給者を対象に、昭和35年にスタートした。平成15年度の加算基準では、住む地域により月額1万5430〜1万7930円が、7万7210円の生活保護費に上乗せして支給されていた。

 しかし、15年に厚生労働省の専門家による委員会が70歳以上と60代の消費支出額を調査した結果、70歳以上の方が支出が少なかったことが判明。厚労省が16〜18年度にかけて段階的に加算を廃止した経緯がある。15年度の対象者は29万人。

 裁判は、国の方針に反対する高齢者が、制度廃止は「違法」として全国8地裁に提訴したが、東京、京都、広島、福岡の4地裁で原告側の敗訴判決が出ている。5月27日の東京高裁判決も「社会情勢の変化や財政状況から、廃止はやむを得ない選択だった」と原告側の訴えを退けたが、14日の福岡高裁判決は生活保護法56条が禁ずる「正当な理由のない保護基準の不利益変更」に当たると判断した。

 厚労省幹部は「専門家委の調査では生活保護を受けていない70歳以上の人でも支出は約6万5千円だった。生活保護費だけでその額を上回るのに…」と困惑した様子だった。

首相提案の財政健全化会議、谷垣・山口氏が拒否(読売新聞)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
27日に「孤独死」の講演会(医療介護CBニュース)
<菅首相会見>その3「自信を持って日本の改革を押し進める」(毎日新聞)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
[PR]
by dw1lxmnv3f | 2010-06-15 13:55
 迷走に迷走を重ねた鳩山政権による普天間移設問題は、とりあえずの「決着」のはずの5月28日当日も迷走の上塗りをした。その結果、鳩山由紀夫首相による発表が、予定より遅れに遅れた。移転先の辺野古明記を巡り、対米国用と対社民党用の2枚舌で乗り切ろうとしたが、うまく調整できなかった形だ。

 2010年5月28日9時、当初予定より2時間遅れて日米共同声明が発表された。移転先について「辺野古地区及びこれに隣接する水域に設置する意図を確認した」との文言が盛り込まれた。「最低でも県外」といった鳩山首相の発言は、結局果たされなかったことが明確になった。

■福島大臣「ダブルスタンダード」

 事実上ほぼ従来案通りの埋め立て方式に戻ったとされる「工法」については、「検討を速やかに(いかなる場合でも10年8月末日までに)完了させ」との表現だった。「7月の参院選までは公表しない形に……」との配慮のようにも読める。

 ここまではほぼ予定通りだった。しかし、正午過ぎに予定していた臨時閣議が開けない事態に陥った。社民党党首で消費者・少子化担当相でもある福島瑞穂氏が、署名も辞任もしない方針を曲げない姿勢を崩さなかったためだ。政府は、日米共同声明には辺野古を明記しつつ、閣議にかける政府方針には辺野古の文字を入れない「2枚舌」作戦で社民党の理解を得ようとしたが、当の福島氏から「ダブルスタンダード」と批判された。

 鳩山首相は、「福島氏の罷免の覚悟を固めた」とも一部で報じられたが、福島罷免を受けた社民党が政権を離脱するのかしないのか、の読みがブレたことも影響し、昼の段階では決断できず、ここでもフラフラした印象を与えた。

 その社民党内も迷走気味だった。連立維持重視派の又市征治・副党首は27日、福島党首に閣議で署名するよう迫り、産経新聞などによると「(党首を)罷免するよ」とまで口にしたという。阿部知子・政審会長も連立重視の考えを度々表明していた。ところが、28日には党の両院議員懇談会で、福島氏が閣議で署名しない方針を支持する確認をした。罷免後の対応についても、連立離脱の方向になると話した幹部も出た。

■夜になってようやく首相会見

 臨時閣議の予定が遅れたのは、国民新党代表の亀井静香・金融相が、こんな状態では閣議は開けないと難色を示したから、との報道も流れた。永田町では、小沢一郎・民主党幹事長が待ったをかけた、とのウワサも駆け巡った。

 こうした影響で、28日17時からに設定されていた鳩山首相による記者会見は「延期」になると午後になって記者らに連絡が入った。結局、17時ごろから始まる各民放ニュースが始まった段階でも、臨時閣議を開く状況ではまだない、との現地リポートが報告された。

 その後、18時ごろから基本政策閣僚委員会が開かれた。この席上、福島氏は改めて閣議で署名しない意向を表明した。このため、鳩山首相は福島氏と2人で話し合いを続けが、福島氏の意思は変わらなかったため、鳩山首相は福島氏を罷免し、平野博文官房長官に兼務させた。その後、臨時閣議で政府方針を閣議決定した。政府方針には移転先として「辺野古」が明記された。

 鳩山首相は21時から会見に臨んだ。予定より4時間遅れのスタートだった。鳩山首相はやや疲れ気味の表情で話し始め、県外・国外移設を模索したものの「海兵隊の一体運用の問題」などのため断念に至ったと説明した。会見中、「沖縄の人々の心を傷つけてしまうことをお詫びしたい」「申し訳ない気持ちでいっぱい」と、「お詫び」を何度も口にした。言外に「約束通り5月決着を果たした」と言いたげな様子でもあったが、地元沖縄の反発は強く、日米合意通りに進むかどうかは予断を許さない状況だ。


■関連記事
「鳩山5月退陣」説 なぜかトーンダウン : 2010/05/24
民主「参院選惨敗」予測 「40議席割る」に党内動揺 : 2010/05/27
普天間「ほぼ現行案」に地元心外 「強行すれば暴動起きはしないか」 : 2010/05/20
切羽詰まったあげくのヤブヘビ…鳩山首相 全国知事会に異例の出席 : 2010/05/28
「沖縄を守った」昭和天皇 小林よしのり、畢生の巨編 : 2010/05/10

自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
“神鹿襲撃”飲食店主の浅はかすぎる動機とは…(産経新聞)
自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
福島担当相罷免 連立離脱へ 「辺野古」明記に反発(産経新聞)
<掘り出しニュース>「ハイブリッド車の分解展示」内覧会、応募殺到、予定の3倍超/埼玉(毎日新聞)
[PR]
by dw1lxmnv3f | 2010-06-03 18:58