サラリーマンで頑張る日々の記録


by dw1lxmnv3f

連続路上強盗で懲役6年6月=大阪地裁の裁判員判決(時事通信)

 通行中の男女を襲いクレジットカードやバッグなどを奪ったとして、強盗致傷罪などに問われた土木作業員馬場正信被告(43)の裁判員裁判で、大阪地裁(笹野明義裁判長)は9日、懲役6年6月(求刑懲役9年)の実刑判決を言い渡した。
 判決は「金欲しさの犯行で執拗(しつよう)、悪質」と指摘した。裁判員を務めた男性は判決後の記者会見で「量刑で被告の人生を決める負担が大きく、二度はやりたくない」と述べた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
3人刺傷で懲役30年求刑=弁護側は心神耗弱主張
運転手殺害で再逮捕へ=容疑者宅を連日捜索
元コンビニ店員の学生再逮捕=「ひったくり失敗、店の金盗む」

【from Editor】「一票の格差」なくすには(産経新聞)
<枝野幸男氏>行政刷新担当相に就任 鳩山内閣、閣議決定で(毎日新聞)
「都市型軽費老人ホーム」、4月にも―小規模ホームの参入促す(医療介護CBニュース)
殺人時効、54.9%が「短い」=死刑容認は増加−内閣府調査(時事通信)
アホウドリ ヒナ15羽、鳥島から移送(毎日新聞)
[PR]
by dw1lxmnv3f | 2010-02-15 09:42