サラリーマンで頑張る日々の記録


by dw1lxmnv3f

神奈川県の不正経理14億円、5年間で(読売新聞)

 神奈川県の不正経理問題で、県は20日、2007年度までの5年間の不正経理が5073件、総額約14億5157万円に上ったとする調査結果を発表した。

 発表によると、内訳は、物品を架空発注して業者に現金をプールする「預け金」が約1億2739万円(120件)、翌年度に納入されたのに現年度に会計処理する「翌年度納入」が約12億8569万円(4694件)、請求の名目以外の物品を納入させる「差し替え」が約3201万円(134件)など。

 「預け金」は、職員による私的流用があったとして公表されていた税務課の約1億2704万円のほか、新たに3部局(厚木土木事務所、水道局厚木営業所、緑県税事務所)で計約248万円(16件)が判明した。この3部局については、いずれも事務用品などの購入費に充てられ、私的流用は見つかっていないという。

<死体遺棄>競馬練習場に幼い男児の遺体…多摩川河川敷(毎日新聞)
普天間移設現行案「完璧な理解ない」 国民新党(産経新聞)
子ども手当負担「事前に話ない」知事会長が批判(読売新聞)
橋下知事「大阪市長とはかみ合わない」(産経新聞)
自民党がどう変わろうと国民には関係ない(産経新聞)
[PR]
by dw1lxmnv3f | 2010-01-20 18:15